Omiai

マッチングアプリOmiaiは本当に出会えるの?出会えない人の特徴は?

女性向けファッション誌「an・an」でも紹介されるなど、数々のメディアで目にされるようになったマッチングアプリ(婚活アプリ)のOmiai。

自分も登録してみようかな?と興味がある人は少なくないはずです。しかし、Omiaiは本当に出会えるのでしょうか?ここではOmiaiの仕組みや実際の口コミなどを元に、本当に出会えるのかを徹底調査しました。これから登録しようかなと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

真剣な出会いが見つかるマッチドットコムの公式サイトはこちら

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

Omiaiとは?

Omiaiは、Facebookにリンクしている恋活アプリとして大人気のサービスで、FacebookのログインIDとパスワードを使って登録・利用するという特徴があります。Facebookにリンクしているアプリというと、もしかしたら登録していることが友人にバレてしまうのではないかとか、タイムラインに載ってしまうのではないかという不安を感じる人は多いです。私自身も、最初に登録する時には、タイムラインに載って恋人探しをしていることが友人にバレたらどうしようとかなり警戒しました。

でも、すでに利用していた友人が、載らないから大丈夫だよと教えてくれたのと、登録してプロフィールを作る作業まで一緒に手伝ってくれたので、安心して始めることができたわけです。Facebookに載せるかどうかを選択できるわけではなく、どんなアクティビティでもFacebookにその情報が載ってしまうことはないので、安心してください。

もしもどうしても信用できない人なら、カスタマーサービスに電話などで問い合わせてみるのも良いと思います。公式サイト等でもセキュリティやFacebookの利用について詳しく紹介されているので、一度調べてみても良いでしょう。

Omiaiの公式サイトはこちら

それでは早速「Omiaiって本当に出会えるの?」という疑問について解説していきます。

 

Omiaiって本当に出会えるの?

Omiaiは、全国に190万人以上の登録会員を抱えている恋活・婚活アプリです。設立されてから右肩上がりに登録会員が増えていて、現在でも毎日たくさんの人が登録しているのだそうです。大所帯になると、それだけ絶対数が増えるということなので、自分の希望や条件に合った異性を見つけられる確率は高くなります。

例えば、人がたくさんいる週末の渋谷や新宿でナンパするのと、僻地や砂漠のように人がほとんどいない所でナンパするのとでは、異性が自分の好みである確率が変わりますし、ナンパに成功する確率も変わると思いませんか?

やはり、絶対数が多い方が、自分にとって理想や希望にかなう相手を見つけやすいのと同じように、自分のことをタイプだと思ってくれる異性も見つけやすいということなのです。

 

Omiaiが行う出会うための仕組みとは?

Omiaiでは、たくさんいる異性会員の中から、条件などで異性を検索して絞り込むことから始めると良いでしょう。そして、絞り込んだ中から気に入った人のプロフィールを見て、いいなと思ったら、いいね!を押してアプローチします。無料会員でもいいね!は毎月30個配布されるので、30回までならいいね!を押せます。

30個以上いいね!をしたい時には、有料会員になる必要がありますが、真剣に恋人探しをするならどこかのタイミングで有料会員にならなければいけないので、いいね!がもっと欲しいというタイミングで会員ステータスを変更するのも良いですね。

自分がいいね!を送った相手は、それを受け取って自分のプロフィールを見てくれて、いいね!を返してくれるかどうかを考え、いいね!を返してくれたらマッチング成立ということとなり、個別にメッセージを送れるようになります。ここからは無料の会員だとできないので、有料会員となる必要があります。

この「有料会員」というのも実は出会うための1つの仕組みとなっています。それは上記画像の中にある「真面目な恋活」に繋がっていて、有料サービスならではの真剣さを求めることができるからです。無料会員が適当な気持ちということではありませんが、お金を払ってでも積極的に出会いたい!という人の方が信用できませんか?そういった意味もあり、Omiaiでは月額の有料制という形態をとっています。

 

Omiaiの登録者数やマッチング数は?

Omiaiの登録者数は、全国に190万人以上いると言われています。現在でもどんどん新規会員が増えているので、この数は毎年右肩上がりに増えていて、今後も増え続けることが予想されています。無料会員でもいいね!を毎月30個もらえますし、有料会員になればいいね!は無制限に使えるので、マッチング数はかなり高くなります。

マッチングが成立した後には、リアルな恋人になれるかどうかをかけてメッセージのやり取りを始めますが、そこでちょっと違うなと思えば、別の人とマッチングしてメッセージをやり取りするので、マッチング数がイコールリアルな恋人になれた数、というわけではありません。リアルな恋人を見つけるまでに、10人とマッチングした人もいるのです。私自身も、マッチングすればすぐにデートというわけではないので、リアルなデートができる人と出会うまでには2人~3人ぐらいとマッチングはしています。

公式サイトによると、2012年2月にサービスを開始してから「今では一日平均5,000組以上の男女がマッチングしている」そうです。少し驚きませんか?

一日に10000人の人がマッチングを成功させているということです。

 

Omiaiで出会えた人はいるの?

Omiaiで出会えた人はたくさんいます。

公式サイトの成功談や体験記を見ると、本当に幸せそうなカップルが写真付きで手記を公表してくれていますし、私自身も過去にこのサービスを利用してリアルな彼氏を作ったことがあります。

ただし、ここでのマッチング成立から先にすすめない人はいるみたいで、私の友人の一人がその類です。彼女の場合、相手に求める条件が高すぎて、検索をしてもなかなかヒットする人が見つかりません。仮に見つかったとしても、メッセージのやり取りをしている間に「なんとなく違う」と相手との関係をそこで終わりにしてしまうことが多いのです。私から見ると、未知の領域にいまひとつ踏み込めていないというか、勇気をもってその人との関係を成長させようと努力していないような気がしてなりません。

特に会員数の多いOmiaiだからこそ言えることですが、Omiaiで一度もマッチングできない!と言う人には何かほかに原因があるはずです。もし出会えていない人は以下に原因と解決策をご紹介していますのでぜひご覧ください。

 

なぜ出会えない?原因から導く対策方法を伝授!

Omiaiで出会える人はたくさんいますが、出会えない人も中にはいます。原因はいろいろあって、私の友人のように自分の恋愛力に問題があるケースもあれば、プロフィールの書き方に問題があって、異性から嫌がられてしまったりすることもあります。それに、Omiaiの使い方がよく分からなかったり、問題があったりして、出会える環境に自分自身を置けていないという事例もあります。

本人が真剣に恋活・婚活をしていて、積極的に相手へアプローチしたり、相手のルックスが自分のタイプではなくても、プロフィールを見て嫌でなければマッチングをしてメッセージのやり取りを始めるなど、前向きに努力している人なら、全国に190万人以上の登録会員を抱えている恋活・婚活サービスなのですから、出会える確率はかなり高いはずです。

それでも出会えないというのは、どこかに原因があるので、それを究明して解消するのが、出会うためのポイントです。

 

プロフィールに問題がある場合

上記はOmiaiのプロフィール編集画面です。もしこのままのプロフィールで公開しているのならマッチングからは遠ざかる一方でしょう。

Omiaiに限らず、日常生活の中で出会ったことがない人と恋愛を前提としてコミュニケーションをとるわけですから、プロフィールがとても大切なことは言うまでもありません。自分が異性探しをする時には、いくつかの条件で異性を絞り込み、最終的にプロフィールを閲覧したりして、誰にいいね!を押すかを決めるわけで、男性も同じプロセスをしているわけです。顔写真は気合を入れて撮影していても、プロフィールに問題があればいいね!はやってきませんし、プロフィールは良くても写真に問題がある場合にも、いいね!はもらえません。

写真ですが、スマホのカメラ機能を使って何十回も撮り直しをするのはOKですが、整形アプリを使って加工したり、別人になってしまうのはNGなので気を付けてください。

また、Facebookで使っている元カレとの写真から、自分だけを切り抜いて使うのも、実はNGです。自分のすぐ隣に写っている人の肩の位置とか服の感じなどで、男性か女性かはすぐに検討がつくでしょう。異性のにおいがする写真だと、いいね!をもらうことはできません。それなら、スマホで自画撮りしたほうが、よほど多くのいいね!がもらえるでしょう。

 

Omiaiの使い方に問題がある場合

Omiaiの使い方に問題がある場合にも、出会える確率は低くなります。

例えば、このサービスは、会員が自主的に異性へアプローチしなければいけないのですが、誰かがステキな異性を紹介してくれるのではいないかとずっと待っていたのでは、誰も何も紹介してはくれないでしょう。

無料会員として登録した場合でも、会員は毎月30個のいいね!を受け取ることができます。それを上手に使って、気に入った人にいいね!を送ることによって、出会いのチャンスを広げることができます。もしも相手が自分のことを気に入ってくれたなら、いいね!を返してくれますし、NGな場合にはいいね!は返ってこないという仕組みになっているのです。

面食いすぎる人も、なかなか出会えないかもしれません。Omiaiの有料会員になると、異性が何個のいいね!をもらったのか獲得数が表示されます。ルックスが良い人はやはり多くのいいね!をもらっているわけで、その中の一つとなると、倍率は高いのでなかなか成功しにくいと言わざるを得ないでしょう。使い方に問題があったり、異性の見つけ方とか絞り込み方に問題がある場合も、出会いのチャンスをみすみす逃してしまうことになります。

こういった場合「解決策がない!」と心配してしまうかもしれません。しかし、自主的に行動してみたり、プロフィール写真を毎日変えてみるなどの方法でマッチングをすることは可能です。

一番オススメしたい解決策としては、先輩を見習うこと。つまり公式サイトに掲載されているような「幸せ報告」などを参考にすると良いでしょう。どうやって出会ったのかなど参考になるはずです。

 

その他の問題点と解決策

女子に多い問題なのですが、警戒しすぎても出会いのチャンスは逃げてしまうような気がします。私自身は、最初のメッセージでLINEや電話番号を教えるということは絶対にありませんが、リアルなデートをしてもLINEや電話番号を教えないという、かたくなな友人が1人います。

彼女の場合、ルックスがとても可愛いので、いいね!をたくさんもらっているようですし、メッセージのやり取りをしてデートの約束をすることは私よりも多いほどなのです。デートでも失敗をやらかすわけではないのに、なぜかその後が続かないのだとか。

よくよく話を聞いてみたら、リアルなデートをしているのにLINEも教えてくれない、連絡はどんな時でもOmiaiを通さなければいけないということで、彼氏から「僕に心を開いてくれない」と告げられてしまうみたいです。ガードが固すぎるのも問題なのかな、という気がします。

逆に、軽すぎるのもNGです。

私の職場に軽すぎる後輩がいて、彼はOmiaiを使って恋活をしているのですが、プロフィールを見ただけでも遊び半分なのでは?と疑ってしまうほど軽いノリなのです。女性も軽いノリならそれで需要と供給がマッチするから良いのでしょうけれど、真剣に恋活・婚活している人にとっては、そうした軽い人は迷惑千万です。

そういう人からいいね!をもらっても返す気にはなりませんし、きっとしつこくされたらすぐに通報したくなってしまうかもしれません。私はもともと軽い人は好きではないので、そういうマイナスの感情を持ってしまうだけなのかもしれませんが、ガードが固すぎるのもNGですし、軽すぎるのもまたNGなのではないでしょうか。

 

まとめ

全国に190万人以上の登録会員を抱えているOmiaiでは、本人に出会いたいという気持ちがあって、積極的かつ前向きに活動していれば、かなり高い確率で出会うことができます

自分にとって理想的な人と出会いたいという人は多いですが、会員の絶対数が多いので、妥協しなくても自分の理想や条件に合った異性を見つけやすいですし、自分のことを気に入ってくれる異性も見つけやすいというのが、この恋活・婚活サービスの大きな魅力ではないでしょうか。

私の周囲には、こんなにチャンスに恵まれているサービスを利用していても、なかなか出会えない人が何人かいますが、そういう人は、使い方が間違っているか、もしくは恋愛の戦略方法が間違っているとか、どこかしらに原因があります。原因を究明して解消すれば、きっと出会えると思います。

素敵な恋人を見つけたい場合は、まず行動することが大切です。

Omiaiは出会いに真剣な会員が多く利用しているマッチングアプリですし、最初は無料会員で異性の顔写真とプロフィールを閲覧できます。

20代の女性なら完全無料で利用できるキャンペーンもやっていますので、まずは無料会員でどんな異性がいるのかチェックしてみることがおすすめです。

Omiaiの無料会員登録はこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、恋の相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-Omiai

Copyright© 恋人探しなら「恋活.me」 , 2020 All Rights Reserved.