ブライダルネット

ブライダルネットの無料会員と有料会員の違いは?有料会員になった方が良い?

ブライダルネットは株式会社IBJが運営する婚活サービスです。IBJはブライダルネットの他にも婚活パーティや結婚相談所など出会いに関する事業を数多く展開しています。

出会いを求めている人は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?そこで今回は、ブライダルネットの利用料金や会員の制度についてご紹介します。また、無料会員として現在利用している人も有料会員になるメリット等をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

真剣な出会いが見つかるマッチドットコムの公式サイトはこちら

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「恋活me」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。恋活meに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

ブライダルネットの料金について

ブライダルネットの無料会員と有料会員では、まず支払わなければならない料金が違います。もちろん無料会員はサービスを完全無料で使うことができるので、お試しといった形で利用されることが多いです。サービスを利用してみて気に入ったらお金を支払い、有料会員に切り替えることもできます。

以下がブライダルネットの利用料金です。

プラン 利用料金
月会費コース 3,000円
年会費分割払いコース 2,500円(一括30,000円)

有料会員には2コースがあり、月会費コース、年会費分割払いコースに分かれています

月会費コースは1ヶ月3,000円(税込)で、年会費分割払いコースは1ヶ月2,500円(税込)、一括30,000円(税込)の料金設定です。月会費コースは無料サービスに満足して有料サービスを試してみたい人や、短期間で集中してパートナーを見つけたい人に向いています。年会費分割払いコースは1年単位でじっくりパートナーを見つけていきたい人に向いたコースです。ちなみにどちらも入会金はかかりません。

私は低価格な上に2つのコースを利用スタイルに合わせて使い分けられる点がいいと思いました。中にはすぐいい人と出会えて「全然お金がかからなかった」という会員もいます。

料金の支払いについてですが、ブライダルネットはクレジットカード決済のみの対応となっています。そのため、コンビニ決済ができないことにやや不満を感じるという口コミもあるようです。またダイナースカード、oricoカード、NICOSカードも利用できません。

 

ブライダルネットの無料会員(ビジターメンバー)ができること

ブライダルネットの無料会員のことをビジターメンバーといいますが、このビジターメンバーができることは幅広くあるので、確認してみてください。

会員登録してすぐはこのビジターメンバーとして利用することになります。

 

相手のプロフィールを閲覧する

ブライダルネットの無料会員では相手、つまり出会いの候補となる異性のプロフィールを閲覧することができます。ブライダルネットはメンバー登録後、自分のプロフィールを入力することから利用が始まるので、基本的に誰でもこのプロフィールは持っています。インターネット越しでは相手について何も知らない状態なわけですし、少しでも相手のことを知り、出会いに繋げるためにプロフィールが活用されます。

プロフィールの閲覧方法についてですが、マイページにログインし、「プロフィール検索」という項目をクリックすれば検索画面にアクセスできます。検索画面では検索条件を指定可能です。条件の項目は年齢や住所、写真の有無といった基本的なことから、仕事、外見、ライフスタイルなどの詳細情報まで幅広くあります。

私はこの検索条件の指定をかなり細かくできることが気に入っています。たとえば仕事なら営業、経理、看護師など、業種・職種をピンポイントで指定できますし、外見なら細めからぽっちゃり体型まで指定できます。検索条件を細かく指定できるということはそれだけ自分の好みの異性を探しやすいということなので、婚活がはかどります。

そしてこれらの条件を指定して検索ボタンを押すと条件に応じた検索結果が出てきます。ここには異性のプロフィール欄が並ぶわけですが、最初に出てくるのはログインが直近の人たちです。つまり、アプローチをすればすぐに返信してもらえる可能性が高いというわけです。

 

異性にあいさつをする

それから無料会員では異性にあいさつをすることもできます。あいさつというのは何かというと、ブライダルネットの独自機能で、異性に対する一番最初のアクションとなります。その名称の通り、この機能は異性に対する「あいさつ」となり、そのあいさつを受け取った相手があいさつを返してくれると「あいさつ成立」です。

成立するとメッセージ交換ができるようになります。つまり、ブライダルネットでは最初からいきなり異性に対してメッセージ交換をすることはできないというわけです。

あいさつは気軽に行ってより多くの会員と交流するためのものなので、複数人にしてはならないわけではありません。状況次第では複数の異性と同時にあいさつが成立し、メッセージ交換や連絡先交換をすることになるかもしれませんが、その時点ではまだ恋愛関係に至ってないわけですし、最低限のマナーに配慮してさえいれば気にしすぎる必要はありません。

ちなみにあいさつは6:00~18:00の時間帯に15人18:00~6:00の時間帯に15人と、1日に合計30人の相手に送ることができます。

私も少しでも興味を持った人がいればすぐにあいさつを送るようにしています。それがきっかけとなって仲良くなり、恋愛関係に発展すれば大成功なので、チャンスを逃さないようにしています。

 

メッセージを送信する

メッセージ送信も無料会員で利用できます。プロフィール閲覧はあいさつをするための機能ですし、あいさつはメッセージ送信をするための機能なので、ここまでが1つのセットになります。この1セットが無料で利用できるのは、お得なことだと考えています。

ただし、無料会員の場合、できるのはメッセージの送信までで、メッセージの受信・閲覧は不可能です。そのため、それ以降の関係の発展を望むのであれば、送るメッセージ内に自分の連絡先を書き、相手からの連絡を待つしかありません。

 

ブライダルネットの有料会員(プラチナメンバー)ができること

ブライダルネットの有料会員はプラチナメンバーといい、無料会員よりもさまざまなことができるようになります。

真剣に出会いを探しているなら、気になる相手が見つかった時点で有料会員へ移行することを考えなければなりません。一つ一つ機能をご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

相手の写真を閲覧する

ブライダルネットの有料会員になると相手の写真を閲覧することができるようになります。写真はプロフィール欄に顔写真1枚、全身写真1枚を載せることができるのですが、載せるかどうかは任意なので、相手が載せていなければそもそも閲覧はできません。

写真が載っていればその相手に対してより多くの情報が得られます。単純に外見が好みかどうかを見ることもできますし、どのような人なのか雰囲気を想像することもしやすいです。

ちなみに写真掲載には審査があり、加工が強いものや画像が不鮮明なものは載せることができません。そのため、その会員と実際に会ってみて「写真と全然違う」といったようなトラブルは起きにくいというわけです。

私は相手に写真があればもちろん参考にしますが、なかったからといってそれほど気にしたりはしません。いくらサービス内でのことといってもネット上に自分の写真をあげることを怖いと思う人は多いでしょう。また会員によってはメッセージ交換や連絡先交換後に写真を見せる人もいるので、無理にこの機能を使う必要もありません

 

メッセージを閲覧(受信)する

それからメッセージを閲覧(受信)することも有料会員なら可能です。あいさつ成立後、お互いが有料会員であればそこから7日の間、メッセージ交換ができるようになります。その時点ではメールアドレス等の情報は非公開にされたままなので、ブライダルネット内でやり取りを続けることができます。また1日のメッセージ交換数に制限はないので、送りたいことがあれば積極的に何通でも送っていくことができます。

メッセージのやり取りをする時は一方的に自分の話をしたり、相手を質問攻めにしたりするのではなく、相手といかに波長を合わせるかが重要となります。私の場合、基本的に自分と相手のプロフィールに応じた内容のメッセージを送ることが多いです。なぜかというと、プロフィールには本人が興味のあることが書かれているものだからです。

お互いに興味のあることを話した方が仲良くなりやすいと思います。といっても、いきなり仕事や家族、結婚の価値観などを話すのは重くなるので、まずは趣味のような話しやすいことから話す方がいいかもしれません。

 

連絡先を交換できる

有料会員はメッセージの交換ができるだけでなく、連絡先の交換もできます。連絡先を交換した場合、ブライダルネット上の連絡からプライベートな連絡に切り替えることができるのです(もちろんブライダルネット上で連絡を続けても構いません)。

連絡先交換機能は相手とメッセージを一往復させた日の翌日に申し込むことができます。あいさつ成立後のメッセージ交換期間は7日なので、その間に連絡先交換の申し込みと返信を済ませる必要があります。連絡先交換が成立すると名前、メールアドレス(場合によっては電話番号、SNSのアドレス)が交換されます。

後は交換した連絡先に交際を発展させていくためのメッセージを送るだけです。雑談をするのもいいでしょうし、デートの約束をして実際に会ってみるのもいいでしょう。ちなみにデートの誘い方がわからない場合はブライダルネットの婚シェル相談室に相談することもできます。婚シェル相談室は無料会員でも有料会員でも利用可能です。

私は連絡先交換をする時はフリーメールを相手に教えるようにしています。フリーメールなら万が一相手とトラブルが起きてもさほど重要な個人情報ではないので、安心です。連絡先交換はあくまでも7日間というメッセージ交換期間の束縛から逃れるものにすぎないので、フリーメールでも全然構わないわけです。

 

あいさつを受け取る範囲の設定ができる

あいさつは基本6:00~18:00の時間帯に15人、18:00~6:00の時間帯に15人の1日合計30人を上限として受け取ることになりますが、有料会員であればこの上限数を変更することができます。たとえば、人によってはこの日は忙しくてブライダルネットで活動できないということもあるはずです。そのような時にあいさつがたくさん来ても対応できず、せっかくの出会いを逃してしまう可能性があるので、それを避けるために受け取る範囲を設定する必要が生まれるのです。

設定の変更はブライダルネットのマイページで出来ます。マイページの「MY設定」をクリックし、その中の「あいさつ設定」をクリックすれば設定変更画面が出てきます。この画面では0件、5件、10件、上限なしの4つの項目を選び、あいさつ受け取り件数を調整することができます。

私もこのあいさつ設定機能はよく活用しています。というのも、ブライダルネットは会員数が多く、なおかつ無料会員・有料会員問わず気楽にあいさつを行うことができるので、放っておくと毎日大量のあいさつが届くことになるからです。もちろんたくさんあいさつが届くこと自体は嬉しいのですが、やはり忙しい日は全部チェックしていられないので、ありがたい機能といえます。

 

みんなの日記での写真の投稿・閲覧ができる

ブライダルネットでは日記を書いて投稿したり、他の人が投稿した日記を閲覧したりすることができます。また日記には写真をつけて投稿することも可能です。文章だけであれば日記の投稿や閲覧は無料会員でもできるのですが、写真に関しては有料会員しか扱うことができません。無料会員が写真つきの日記を閲覧した場合、どうなるかというと、まったくの非表示というわけではなく、ぼやけて表示されることになります。

プロフィール写真に写真がない人でもみんなの日記には写真を載せることがあります。というのも、プロフィール写真ははっきりと自分の顔や体が映ったものでなくてはなりませんが、みんなの日記に投稿する写真であればそういった制限はないからです。はっきりと自分の顔や体が映すのは嫌でも旅行先で撮影したなにげない風景の中にいる自分であれば投稿しやすく感じる人も多いので、ブライダルネットでは裏技として利用されています。

また有料会員だと写真の投稿・閲覧だけでなく、自分が投稿した日記についたいいね・コメントの閲覧もできるようになります。このいいね・コメントから出会いに発展する可能性もあるので、きっかけ作りに役立ちます。

私も面白いネタがあれば日記を書きますし、他の人の日記にも気軽に遊びに行っていいねやコメントをつけています。それがたとえ出会いに繋がらなかったとしても単純に交流として楽しいものです。

 

まとめ

このように、ブライダルネットの無料会員と有料会員にはさまざまな違いがあることがわかります。最も大きな違いは有料会員なら他の会員から来たメッセージの受信・閲覧ができるという点です。これができなければ密なコミュニケーションが取れないので、出会いに繋げるには少々難しいかもしれません。

また有料会員だとお金をかけている分、他の会員に対して「真剣に出会いを求めている」というアピールにもなります。これらのことを重視してブライダルネットを利用したければ有料会員になることをおすすめします。

ただ無料会員でも気になる異性とマッチングすることができますので、まずは無料会員で始めて、気になる異性がいるかどうか探してみましょう。

ブライダルネットの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、恋の相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-ブライダルネット

Copyright© 恋人探しなら「恋活.me」 , 2020 All Rights Reserved.