年齢

恋人欲しい22歳におすすめな出会える恋活マッチングアプリ

22歳と言えば、大学生活が終わりを迎え、そろそろ新社会人の準備をしだす人が多いです。

社会人生活の準備も必要なのですが、社会人になる前に1つ注意しておきたいのが恋人探しでしょう。
社会人になるということで知っている22歳の方は多いかもしれませんが、社会人になると出会いはほとんど見つかりません。

学生のうちに交際相手を作っておかずに後悔している20代社会人は多いのです。

そこで今回は22歳で恋人が見つかっていない人向けにおすすめのマッチングアプリについてまとめてみました。

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「恋活me」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。恋活meに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

22歳の人に一番おすすめのマッチングアプリはマッチドットコム

マッチングアプリは数多くありますが、22歳の人にはマッチドットコムをおすすめします。

マッチドットコムは世界中に1500万人の会員が存在し、ギネス・ワールド・レコーズに世界最大として登録されている恋愛・結婚マッチングサイトです。

1995年4月の運営開始以来、オンラインデーティングのパイオニアとして確実な結果をもたらしてきた実績のあるサイトとなっています。

「初めてマッチングアプリを使ってみようと思う」

「共通の趣味を持っている人と出会いたい」

などと考えている方はマッチドットコムを利用してみると良いでしょう。

マッチドットコムは他のマッチングアプリより恋愛や結婚を真剣に考えている22歳の会員が多い傾向にあります。

22歳の方にとっては真剣な出会いを見つけやすくなっていますので、おすすめです。

さらにマッチドットコムは検索条件がかなり詳細に絞り込めます。人種や宗教など、ここまで詳細な条件を絞り込めるマッチングアプリはマッチドットコムだけです。マッチドットコムであれば、より自分の好みのお相手を見つけやすいでしょう。

ちなみにマッチドットコムは無料会員から始めることができます。メールアドレスさえあれば3分程度で無料会員登録が可能です。

まずは無料会員でどんな異性がいるのか、プロフィールを閲覧してみるのをおすすめします。

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

22歳の方にありがちな恋人や結婚相手が見つからない理由

高校を卒業して新生活を送れば、恋人や結婚相手が見つかると思っていた人は多いのではないでしょうか?

確かに環境が変わることで、新しい出会いが増えますので、恋人や結婚相手は見つかりやすいと言えるでしょう。

しかし新しい出会いが増えても、恋人になれるかどうかはあなた次第とも言えます。22歳で恋人が見つからない理由に多いのが「自ら行動しない」「ネガティブ思考」といった人たちです。

新しい出会いのきっかけがあっても、そのきっかけを元に恋人を見つけられるかどうかは、その人が何をしたかによります。自ら積極的に行動できない人には恋人ができないと言っても過言ではありません。

まずは何でも良いので、恋人を見つけるために行動してみることが大切です。最近はマッチングアプリなどスマホがあれば出会いを見つけられるようになっている時代ですので、昔に比べると出会いを見つけやすくなっていると言えます。

今回は22歳の人向けにおすすめのマッチングアプリについて紹介しています。マッチングアプリは無料会員から利用できますので、まずは試しに始めてみるのがおすすめです。

 

マッチングアプリはどうやって選ぶ?

最近はマッチングアプリを利用する人が多いため、マッチングアプリの種類もかなり増えてきています。そのため、マッチングアプリで出会いを探そうと考えても、どのマッチングアプリを利用すればよいか迷ってしまうものです。

そこで今回は◯歳の方向けのあなたに合ったマッチングアプリを選べるように、最低限見るべき2つのポイントについて紹介していきましょう。

まず1つ目は「主に利用している年齢層」です。
マッチングアプリによって利用している会員の年齢層は違います。
20代後半~30代前半に特化しているマッチングアプリもあれば、18~24歳がほとんどを占めるマッチングアプリもあるのです。
あなたの年齢に合ったマッチングアプリを使わないと、いくら会員数が多いマッチングアプリでも出会えるお相手の数は限られます。

22歳の方であれば「20代前半の会員がメイン」「10代~20代が多い」などの特徴があるマッチングアプリを選ぶのが最適です。

次に2つ目は「男女比」が挙げられるでしょう。
マッチングアプリによっては男性と女性の人数に偏りがあるケースも珍しくありません。
例えば男性会員が7割、女性会員が3割のマッチングアプリだと、男性会員はライバルが多くて出会える女性の数が少ないと言えます。
マッチングアプリを利用する場合は、男女比が5:5もしくは同性の会員が少ないマッチングアプリを使うのが最適です。
ちなみにほとんどのマッチングアプリだと、男性会員が多いため、男性はできるだけ男女比が1対1のマッチングアプリを使ったほうが良いでしょう。

この2つのポイントを最低限押さえておけば、マッチングアプリ選びで間違うことはありません。

今回は22歳の方向けにおすすめのマッチングアプリを3つ厳選してまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

22歳の方におすすめしたいマッチングアプリ3選

1位 マッチドットコム

運営会社:Match.com, L.L.C.

会員数:約1500万人(男:女=55:45)

利用料金:月額1,290~5,000円

ほとんどの婚活マッチングアプリだと、会員数が100万人を下回るところが多いものの、マッチドットコムは1500万人と他を圧倒しており、出会いの数が非常に多いマッチングアプリになっています。
また会員数が多いところのほとんどは男性比率が70%を超えており、女性が少ないため、男性からすると競争率が激しくてなかなか出会えません。それに比べてマッチドットコムは男女の比率が均等ですので、男性なら特に利用しておきたいマッチングアプリと言えるでしょう。

またマッチドットコムは検索条件がかなり豊富に用意されていますので、希望に合ったお相手を見つけやすいことが特徴です。

マッチドットコムは成婚率のかなり高いマッチングアプリですので、恋人探しというより結婚相手を探したいという人向けとなっています。女性が完全無料のマッチングアプリが多い中、マッチドットコムは男女ともに有料会員となっているため、出会いに対する真剣度は本物です。

結婚を前提に交際できるお相手を探したい22歳の方は、まずマッチドットコムの無料会員から始めるのがおすすめです。
無料会員でも一部の機能を利用できますし、理想のお相手とマッチングしてから有料会員登録しても遅くありません
まずは無料会員でどんな異性がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

2位 ペアーズ

運営会社:株式会社エウレカ

会員数:約1,000万人(男:女=73:27)

利用料金(男性):月額1,480~3,480円

利用料金(女性):無料

もう少し出会いの数を増やしたいと感じたときはペアーズを利用するのをおすすめします。

ペアーズは累計会員数が1,000万人を超えており、マッチングアプリのなかでもトップクラスの会員数です。

利用者の数が多いため、どの年代でもそれなりの人数が利用していますし、恋愛目的の人もいれば婚活目的の人もいるので、かなり幅広い出会いを見つけられます

会員数の偏りは大きいものの、男性側の幽霊会員も多いため、実際に利用してみるとそれほど男性が出会いにくいマッチングアプリではありません。

女性は完全無料で利用できますので、単純にお金をかけずに出会いを見つけたい女性はペアーズを使ってみるのも一つの手です。

ペアーズは20代で利用している会員も多いため、まずは試しに無料会員でどんな人がいるのか見てみましょう。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

3位 with

運営会社:株式会社イグニス/株式会社アイビー

会員数:約40万人(男:女=64:36)

利用料金(男性):月額1,800~2,800円(税込)

利用料金(女性):無料

withは身長や年収などのステータスよりも価値観を重視して出会いを見つけることのできるマッチングアプリです。

「運命よりも、確実」をキャッチフレーズとしており、よく行われる恋愛メンタリズム診断をもとにあなたと価値観の合うお相手を紹介してくれます。加えてプロフィールで共通点の多いお相手を上位表示してくれる機能も魅力的です。
withは心理学的にお相手を紹介してくれますので、簡単に価値観の合いやすいお相手を見つけることができます。

「年収とかより価値観の一致が一番大事!」

というふうに考えて出会いを探したい方はwithを利用してみてはいかがでしょうか?

前述したようにwithは20代前半の会員がメインで利用しているマッチングアプリですし、遊び目的の会員が少なめなことでも人気があります。

ちなみに女性なら完全無料で利用できますし、男性でも無料会員から始めることが可能です。まずは無料会員から始めてみましょう。

withの無料会員登録はこちら

 

22歳の人にマッチドットコムを一番おすすめする理由

マッチドットコムは結婚に特化したマッチングアプリです。

そのため22歳の人で結婚をまだ考えてない人からすると、なぜおすすめされるのか不思議に思うかもしれません。

ただマッチドットコムは真剣度が高いため、遊び目的の会員はほとんどいないです。

10代や20代前半がメインのマッチングアプリだと遊び目的で出会いを探す人の割合が高いと言えます。若い世代が多いということでカラダ目的で出会いを探している人が少なからずいるのです。

またマッチドットコムは出会ってすぐに結婚をしたがる人ばかりでなく、数年以内の結婚やじっくり考えてから結婚したいという人もいます

最初から真剣な出会いを見つけられるマッチングアプリを選ぶならマッチドットコムがおすすめです。

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

「大学4年間で一度も彼氏ができたことはありませんでした」22歳女性Sさん

婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を使い始めた理由

使い始めた理由は、大学四年間で一度も彼氏ができなかったからです。内定ももらい、あとは卒業式に出席するのみとなったとき、同じく彼氏がいない友達と飲みつつ夜ご飯を食べているときでした。

彼女は、結婚して、30才までに子どもがほしいなら、案外、時間ないよね、と言い始めたんです。

それを言われてもはじめはピンときませんでしたが、彼女がいうには、
30才までに出産したいなら、29才で妊娠しておかないとならないでしょ。

ということは、29才では結婚してないといけない。で、かつ、夫婦二人だけの時間が三年くらいほしいなら、26才では結婚してないと。
そうなると、出会っていきなり結婚は無理だから、付き合う期間がいる。二年間くらいは付き合いたいと考えると、24才では恋人関係担ってる必要がある。

わたしたち、もう23になるよ…あと一年で、結婚相手と付き合ってるっていう未来、想像できる? と言われたんです

そこまで説明してもらって、はじめてはっと気がつきました。

職場は小さな会社の事務と決まっていて、同期もわたしとあと女の子二人だけ。毎年新卒を雇っているような会社でもありません。ということは、会社で出会いはほぼ皆無。

少しずつ焦り始めた私は、そのときたまたまネットの広告で見かけた婚活サイトをクリックしてみることにしました。

出会い系との違いもわからなかったので、ネットでの出会いなんて危ないかも。みんなヤリモクの人ばかりで、ヤリモクならまだしも、命の危険もあるかもしれない…と不安に思っていたのですが、一応、身分証を運営側に写真をとって提出すること、や、男性側が有料であることなどの情報を知り、お金をかけてでも真面目に出会いたい男性がとうろくしているのかもしれない、と思って、時間もあることだし、アプリを出会いの一つの手段として利用してみることにしました

 

婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を使ってみた感想

利用してみると、年上ばっかりかもしれないと思っていたのですが、案外、大学生や大学院生の人も多かったです。それに、検索や条件として年齢の幅や、学歴、出身地、年齢、などあらゆることで詳細に条件付きで検索できるので、だんだんとアプリが便利に感じられるようになって来ました。

実は、街コンにも友達と遊び半分で参加したことがあるのですが、興味がまったくもてない人とも会話をしないとならない、つまらなくても席が移動しにくい、また、わたしが都内の某有名私大卒なので、わたしの大学名をいうと引かれる、と嫌な思いばかり経験していました。

それと比べたら、マッチングアプリはかなり良い!

自分より上、あるいは同等の学歴で制限をかけて検索できるし、全然興味がない人から、いいね、が送られても、いいねを押し返さなければ会話をする必要もない。

無駄な時間や無駄な会話がない上、街コンなどのどこか会場へ足を運ぶ必要や、参加費用も必要ないんです。

時間があるときにいいね、を押したり押し返したり、マッチングした人とは少しずつ会話をして、この人と合うかどうかはかってみて、実際に会いたいなと思った人にだけ会えば良い…その流れがわたしにはあっていました

中には、すぐにラインを聞いて来たり、会おうと言ってきたりする人もいましたが、そういう人とはもう少しこのアプリ内のやりとりがいいです、と伝えればいいだけです。

それでメッセージが来なくなれば、ヤリモクの人だったんだなあ、と思っておわり。こちらも、真面目にお付き合いしてくれる人しか望んでいないので、騙される必要がなくなって好都合でした。

また、しばらくして上位ランキングに私がランクインすると、もっといいねの押していただける数が増えました。

年齢が若いということもあって、簡単に上位ランキングに入ったのだと思います。

そうなってからは、男性の上位ランキングにランクインしている方ともマッチングしやすくなり、本当に普通に生活していたら出会えるはずもない人ととマッチングしてメッセージのやりとりができたり、実際に食事に行けたりしたのがとても楽しかったです。

 

これから婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を利用する方へのアドバイス

婚活サイトやマッチングアプリは、どうしても結婚相手が見つからなかった人がするもの、というイメージがあるかもしれませんが、いずれ結婚がしたいと思っている人ならば、早めに登録だけでもしてみることをお勧めします。

メッセージのやりとりが面倒臭くてなかなか会話が進まない、という人はこのようなアプリは向いていないかもしれませんが、メッセージのやりとりや返信が苦痛ではない、どこでもいつでも自分が返信したいと思ったときに返事ができる、見た目や年収、学歴にこだわりがある人などはマッチングアプリは向いていると思います。

男性側は確かに30代半ばの登録者が多い感覚はありましたが、十分20代の人もいました。あまり若すぎると遊びなのか?と不安感もあるかと思います。が、会話をしていればその相手が本気で結婚相手を探しているのか、あるいは、結婚相手とまではいかなくとも、色々な人と知り合って、その中で気があう人を見つけることができて、さらにお付き合いまで進んだらいいな、というくらいの気持ちでやっている人なのか、は、だんだんとわかって来ます。

ネットでの出会いという点はどうしても変わらないので、最後は自己責任だし、危険もあるかとは思いますが、一度やってみてマッチングアプリが自分に合うかどうか試してみることをおすすめします。

 

「職場以外に知り合いがいないことをきっかけにマッチングアプリを始めました」22歳男性Oさん

婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を使い始めた理由

高校までは一貫教育の男子校に通い、大学は工業系であったためゼミに女性は1人もおらず、私は恋愛経験をすることなく就職をすることになりました。

大学まで暮らしていたのは最寄り駅まで車で15以上掛かる田舎、就職して初めての赴任地は大都会の東京でした。

東京での生活はカルチャーショックの日々、職場を出たら話す相手がいなかった私が、心の拠り所としたのがスマホを利用した恋活アプリでした。

私が大学生の時には既にこの手のサービスは普及しており、中には実際に会った友人もいましたが、私の世代は異性に興味が少ない草食系が主流、そのため友人が童貞でなくなっても羨ましいと感じたことはありませんでした。実家暮らしの私は家族や友人達に恵まれ、常に周囲には誰かが居て当たり前、一方、東京での暮らしは人口こそは多いですが他人に無関心、本当に無関心なのか、それとも演じているのかを知りたく、私は恋活アプリに登録をしました。

ネット環境が当たり前で育った私でも、どの恋活アプリを利用するのかは迷いました。迷った理由の1つは料金、スマホを使ってゲームを楽しむ場合は、課金をしないと十分に楽しむことが出来ず、気付けば驚くような料金が発生します。

ゲームで苦い経験がある私は、まずは料金をチェック、公式サイトの説明だけでなく、口コミサイトの意見も参考、最も耳を傾けたのは実際に利用している知人の意見でした。

知人と言っても、その者とは会ったことがなく、知っているのはニックネーム程度、しかしその者とは大学受験時からの付き合い、私の中では親友と思える存在です。

その者は私と違ってアクティブ、公式サイトと乖離がないサービスを受けられている恋活アプリを教えてもらい、生まれて初めて利用することになりました。

 

婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を使ってみた感想

恋活アプリを利用するのは決まって通勤と帰宅途中、根がクソ真面目な私は、プロフィールに実際の年齢や勤務地などを公表、そのため返信メッセージを送ってくれる女性は、東京もしくは近郊に住む同年代が主でした。

話の取っ掛かりが分からない私は、気付くと色気も素っ気ものない箇条書きのメッセージばかり、メッセージだけでも恋愛経験が乏しいことは明らか、そんな私に興味を持ってくれたのが、この春東京に引っ越したばかりの看護師でした。

看護師の彼女は夜勤があり、私と同様に寂しい日々を過ごしていました。メッセージのやり取りを初めてから1ヶ月、利用している恋活アプリを教えてくれた友人から、メッセージのやり取りだけの関係で終わらないようにと忠告があり、私は勇気を出して彼女に一度会ってくれませんかとメッセージを送りました。

いつもは比較的テンポ良く返信をしてくれていた彼女でしたが、今回は間が空いたため、嫌われてしまったと諦めかけた時に返信、メッセージには彼女の最寄り駅と勤務シフトが記されていたため、都合の良さそうな日を選んでメッセージを送ると返信があり、そこには一言「OK」、そしてハートマークが記されていました。

深い意味はないと自分に言い聞かせても、ハートマークを送られてからの私はハッピーな日々、待ち合わせ当日までに床屋へ行き、東京に来て初めて洋服も購入しました。

待ち合わせ当日は、前日からの緊張で下痢気味、マズイと思った私は下痢止めを多目に服用、クソ真面目な私は待ち合わせ時間の30分前に到着しました。

待ち合わせをしたのは彼女の最寄り駅、その日は彼女の夜勤明け、恋愛経験0の私は話しに困らないようにネタを仕込み、ネタが尽きても良いように、出会ったら直ぐに飲食店へ行くつもりでいました。待ち合わせ時間まで後5分の時に、「急患のため、すぐに帰らなくてはなりませんが、それでも良いですか?」とメッセージがあり、一目だけでも本当に会えるんだとワクワクしていると、数分後に現れたのは、「婦長なの?」と疑うほど小太りな年配の女性でした。

数多く送られるメッセージの中で、私は彼女のことを勝手に同年代と思い込んでしまい、彼女との関係は徐々にフェイドアウト、申し訳ないことをしたと猛省をしました。

 

これから婚活サイト・出会いアプリ(マッチングアプリ)を利用する方へのアドバイス

出会い系のアプリは如何わしいと思われがちですが、それは利用者次第、実際に利用をしてみると真面目に出会いを考えている者が殆どであることが分かります

プロセスが異なるだけで出会うという目的は、合コンも恋活アプリもお見合いも同じ、類は友を呼ぶではありませんが、自分に適した者と出会える運命にあるのは恋活アプリでも同じです。

良い出会いを求めるなら、相手に求めるだけでなく、自分を磨くことから始めましょう。自分を高めることが出来れば、高めただけの方と出会うことが出来ます。

貴方が偽れば、偽る方と出会い、貴方が真心を持って接すれば、相手も真心を持って応対をしてくれます。

人間の生活に浮き沈みがあるように、出会いにも浮き沈みはあり、出会うキッカケが少ない時は、自分磨きに時間を費やすと、出会うキッカケが生じた時にゲットできる成功率は高まります。

複数の恋活アプリを利用して、アチコチに餌を撒くような方もいますが、二兎を追う者は一兎をも得ずではありませんが、コストばかり掛かってせっかくのチャンスを見逃す恐れがあります。

出会った方が複数の恋活アプリを利用していることを知った時、貴方はどう思いますか?自分が嫌だなと感じるのは相手も同じこと、恋活アプリという1つのフィールドで正々堂々と出会いに挑む者だけに、出会いの神様は微笑むのです。

 

 

22歳以外の方向けにはこちらのマッチングアプリを紹介

22歳以外の年齢の方は、ご自分の年齢に合わせたおすすめのマッチングアプリをお使いください。

 

【22歳以下の年齢の方はこちら】

恋人・結婚相手がいない18歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない19歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない20歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない21歳の方におすすめなマッチングアプリ

【22歳以上の年齢の方はこちら】

恋人・結婚相手がいない23歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない24歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない25歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない26歳の方におすすめなマッチングアプリ
恋人・結婚相手がいない27歳の方におすすめなマッチングアプリ

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、恋の相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-年齢

Copyright© 恋人探しなら「恋活.me」 , 2020 All Rights Reserved.